アーティストインスクールブログAis_blog

【おとどけアート】札幌市立光陽小学校×佐竹真紀 活動ブログ5

さて、あっという間に9月です。

暑い暑い・・・と言っている間に、気付けば7月&8月終わってましたね。まあ、暑いよりは涼しい方がいいんです。

 

ということで今日の活動はこちら、学校に貼って頂いておりますね、白黒写真を見る会をやります。

 

白黒写真を見る会、どういう事かといいますと、

毎年4月~7月の間、おとどけアートが実施される前にはアーティストと一緒にご挨拶&下見を行っているんですね。

 

こんな風に学校の中を見学しながら、子ども達の様子や学校の話しを聞いたりしています。ここで話した内容が、後々アーティストの活動に取り込まれるなんてことはよくあるんです。

 

で、佐竹さんが立ち止ったのはこちら。棚にびっしりと並んでいるのが開校当初からの写真。

 

写真大好きっ子の佐竹さん、夏休みにも一度どんな写真があるのか見に来ていたんですね。

 

ということで、このたっくさんある写真を(カラーもあるんですが)子ども達と一緒に見る機会を作ろう!!と思い、実施する事になったのです。

 

いつものミーティングルームに写真を並べます。

思ったよりもたくさんありますね。すぐに会場の完成です。

 

チャイムが鳴ると子ども達が早速やってきます。

いいですね、結構みんな夢中で見てます。 白黒写真に写る3年生を見る3年生。その構図がなんかいいですね。

 

古い写真は、昭和40年代のものなので40年以上も前の写真です。

もしかすると、彼らのお父さんやお母さんなのか、おじいちゃんかおばあちゃんが、写っているかもしれません。

後半に続きます。

コーディネーター小林

 

☆まんがはこちら☆