天神山滞在ブログTenjin_blog

【滞在者紹介-Resident】増澤ノゾム/ Nozomu Masuzawa

8月から9月にかけて滞在されていた増澤ノゾムさん。

増澤さんはMAMという演劇ユニットで活動、井上ひさし原作の「父と暮せば」をはじめ数々の作品を札幌ほか国内で上演しています。

今回の滞在も「父と暮せば」をオンライン配信するための稽古&撮影が目的だった模様。

 

公開は10月20日(火)、MAMのYouTubeチャンネルからご覧いただけます。

公開前の現在でもすでに予告編がいくつか見られるようです。

普段見られない稽古や撮影の裏側をのぞくことができて、これだけでも十分おもしろいですね。

そしてなんと!『MAM「父と暮せば」映像配信 予告1』では天神山アートスタジオを紹介してくれているではありませんか…!感無量です。

 

いまは劇場になかなか足を運べない状況ですので、こうやって手軽に演劇作品が楽しめるのは嬉しいですね。

そしてYouTubeでの配信ならでは、何度も繰り返し見られるという贅沢もあり。じっくり作品を味わえます。

この機会にぜひご覧ください。

 

深澤

 

★増澤ノゾム所属団体

MAM (Masuzawa Artist's Meeting) http://nozomu.c.ooco.jp/mam.html