磯崎道佳レクチャー・シリーズ@オノベカ『アートイベントの作り方:お金の話』

ご無沙汰しております。
新年度になりまして、心機一転、レクチャーイベントのご案内です。

 

アーティストの磯崎道佳氏が提案者となり、様々なテーマを基にアートのお話を展開する『スポンジ テーブル』第3弾。

今回は、『アートイベントの作り方:お金の話』について。
ゲストに、MAGICAL CAMP代表の木野哲也氏をお迎えし、アートにまつわるイベントを行う際のノウハウ(特にお金の話)について、お話していただきます。 

 

MAGICAL CAMP
http://www.magicalcamp.com/index.html

 

新年度を迎え、大変ご多忙のことと存じますが、お誘い合わせの上、ぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。

尚、ご参加にあたってご予定がお決まりの方は、あらかじめ漆までご予約いただけると幸いです。
e-mail:urushi@ais-p.jp

以下、詳細です。多数のご参加お待ちしております。

 

—————————————————–
磯崎道佳・レクチャーシリーズ 第3回 スポンジ・テーブル
『アートイベントの作り方:お金の話』
—————————————————–
日時:2012年4月22日(日)14:00スタート(17時終了予定)

 

会場:オノベカ
http://ais-p.jp/onobeka/
札幌市中央区南11条西7丁目3-18
TEL:011-596-6726

 

料金:一般 1,000円/学生 700円(ソフトドリンク+軽食付き)
*+200円でアルコール類もご注文いただけます。

 

司会進行:磯崎道佳(アーティスト、芸術スポンジ代表)
企 画:芸術スポンジ+オノベカ(代表:漆崇博)
内 容:「アートイベントの作り方:お金の話」
ゲ ス ト:木野哲也(MAGICALCAMP代表)
漆崇博(AISプランニング代表)

 

【第一部】
『お金の話』
漆崇博「アートイベントの作り方:お金の話」
磯崎道佳「展覧会の作り方:お金の話」
木野哲也「音楽イベントの作り方:お金の話」

 

【第二部】
対話「動員(収益)を増やすには」「作家にさらに還元するには」

 

■スポンジ・テーブル
オノベカハウスで月1ペースで行われる芸術スポンジ主催のミーティング。
基本は日曜日の午後、軽食とお茶(オノベカ特製スポンジプレート)を頂きながらワイワイ話す場。
「アートの中にはこれからのアートは存在しない」をテーマに、アートの方向性を社会/生活から突っつく場。

 

■芸術スポンジ
日本の周辺地域で(例えばニセコとか)アートセンターを立ち上げるということは…、
その為の思考と準備の場。

 

■磯崎道佳 http://www.isozakimichiyoshi.com/index.html
様々な表現形態を用いて誰もが持つ好奇心を引き出し、
新しい視点を発見する「体験の場」を制作している。
1968年水戸市生まれ。2000年札幌アーティスト・イン・レジデンス
2001年P.S.1/MoMAインターナショナルスタジオプログラム(NY)
2011年「アートから出て、アートに出よ 美術館が消える9日間」(北海道立近代美術館)
「新・港村」(BankART1929)等に参加。現在北海道ニセコ町在住。